プロフィール

nodamemodoki

Author:nodamemodoki
夫と二人でちまちまとせどりをやっているめをとせどら~です。
せどり関係の記事は、ワードプレスのサイトhttp://nodamemodoki.com/に今後は一本化させますので、そちらをご覧下さい。

このブログでは・・・。
もう40代ですが、実年齢より若く見られることが多く、特に肌がキレイとよく言わます。そのほかに・・・まだ、白髪が・・・ありません。
20代の頃から気をつけてきたこと、現在の生活習慣などを・・・。
こちらのブログで不定期になると思いますが、記事にしていこう・・・と思っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイドロキノン、その後

ハイドロキノンを、右頬の気になるシミに使い始めて、もうすぐ2ヶ月が経とうとしている。

初めのうちは、ホンマに効くんかなぁ・・・と思っていた。

塗って、シミが薄くなってきた・・・という実感が、なかなかわかなかったし。


それでも、時々、思い出したように・・・。
右頬のシミを自撮りして、画像を撮っておいた。

すると・・・。

塗り始めて1ヶ月目を過ぎた頃から、少しずつ薄くなり始めた。
画像を見ても、塗る前に撮ったものとはシミの濃さが違ってきた。

おお・・・効いてるやん~~♪

2ヶ月目が近づいている最近は、シミの上からBBクリームを塗ると・・・。
結構、隠れるようになってきた。

以前は、BBクリームの上から、コンシーラーを厚塗りしても・・・。
完全には隠せなかったのに。

コンシーラーは今でも使っているけれど、薄く塗るだけでシミが隠せている状態。

BBクリームを塗り、コンシーラーでシミを隠し、その上からフェイスパウダーをはたく。

傍目には、そこにシミがあるとは思えないほど、薄くなった。

このまま使い続ければ、BBクリームを塗っただけでも済むようになるかもしれない。
コンシーラーを、シミ隠しに使わなくなる日が来るかも、マジで。

まだ、チューブの半分ほどを使い切ったところだし・・・。
あと、2ヶ月くらいはもつ、かなぁ。

もっと早くシミを薄くしたい、消したい、という時は・・・。
トレチノールでピーリングも併用するといいらしい、んやけど・・・。
ピーリングは何だかコワいからやめた。
それで、肌が荒れたりしたら、元も子もないし。

本当は皮膚科のドクターに診断してもらい、処方してもらうべき薬、ハイドロキノン。
トレチノールも、同様に処方薬。

ヤフオクでも手に入るけれど・・・。



日中の紫外線対策も含め、使用は十分用心して行うべし。
一度開封したあとは、冷暗所保管しないと・・・。
薬効成分が変質するらしい。
冷蔵庫保管が一番いい、と思う。

スポンサーサイト

ハイドロキノン

肌の消しゴム、と呼ばれている医薬品、ハイドロキノン。
できてしまったシミを消す作用がある。
本来なら、皮膚科医の診察を受け、処方してもらわないといけないもの。

しかし、ネット上では並行輸入品がかなり出回っている。
Amazon、ヤフオク、ネットショップ・・・。
値段も、同じ製品でもピンキリ。

私は、ヒトサマからよく「肌がキレイ」と言われる。
多分・・・毎日、果物を食べていることと、紫外線対策をやっているから、だと思う。
普段のベースメイクは、シャネルのbbクリームにフェイスパウダーをはたいて終了。

だが・・・。
一箇所、気になるものが。
それはシミ、だ。
右頬に、小さく一箇所、ぽつんと目立っている。
多分、私が気にしているほどにはヒトサマは気にしてもいないだろうけれど。
だから・・・ここだけはbbクリームを塗ったあとにコンシーラーを塗ってごまかし、その上からフェイスパウダーをはたいている。

このシミをなんとかしたい、とずっと思っていた。

で・・・。

以前から気になっていた、ハイドロキノンを試してみることにした。
最初、いっそレーザー照射と思ったけれど。
いきなりレーザーは、何だかコワいし。
ハイドロキノンの使用上の注意を頭に叩き込んで・・・。
思い切って、ネットで購入した。

現在、使用1ヶ月ほど。
シミはどうなったか、と言うと・・・。
満月のようにまんまるくあったシミ。
少しずつ薄くなり、今ではなんだか半月状になってきた。
このまま、bbクリームを塗ったら目立たなくなるくらいに薄くなってくれるといいな~。
と期待しているところ。

キレイに消せたら・・・。
使用前・使用後の画像、アップしてみようかなぁ・・・。

美白化粧品

美白化粧品を使っている。

私が使っているのは、第一三共製薬が出している、トランシーノの化粧水と美容液。
第一三共ヘルスケア トランシーノ薬用ホワイトニングクリアローション175ml第一三共ヘルスケア トランシーノ薬用ホワイトニングクリアローション175ml
()
トランシーノ

商品詳細を見る

トランシーノ薬用ホワイトニングエッセンス 30gトランシーノ薬用ホワイトニングエッセンス 30g
()
トランシーノ

商品詳細を見る


白髪はまだないけど、右頬に直径1センチくらいのシミがあり・・・。
普段、bbクリームを塗ったあとにコンシーラを使って目立たなくしている。
それで・・・薄くなればなぁ・・・と使ってみた。

トランシーノが私の肌にあっていたのか、少しずつ薄くなっている。
クリームを一緒に使ってみたときは、夜塗って朝起きた時に・・・。
「あ、シミ薄くなった」と思うくらいの効果があった。
ただ、当時はトランシーノの主力商品である、肝斑に効く飲み薬も飲んでいたから、その相乗効果もあったと思う。

トランシーノの錠剤は、日本で唯一、肝斑に効く成分の飲み薬として知られている。
ただし、使い方に注意しないといけない点があり・・・。
連続して2ヶ月飲んだら、休薬期間を2ヶ月設けること。
血栓ができやすい薬なので、55歳以上のヒトは飲まないこと、など。
これを飲んでいた期間、頬にうっすら出来始めていた肝斑が薄くなり・・・消えた。
それ以来、肝斑は再発はしていない。効果あったんやなぁ・・・。
今、右頬の残っているシミは日光性のモノ。

トランシーノの錠剤の服用条件とはまた違うけれど・・・。
美白化粧品を使うときには、注意しないといけないことがある。

肌の紫外線に対する防御機能である、メラニン色素の生成能力を抑えることで肌を白くするモノだから・・・。
日中の紫外線対策は神経質になった方がいい。
美白効果が高いほど、紫外線防御機能を落としているワケだから・・・。
ロドデノールの被害の時のように、白斑ができる危険性が高まるし。

効果の高い化粧品はよくよく注意して使うべし、と肝に銘じているのだ。
後で哀しい思いしたくないし・・・。



白髪がまだない

もう40を過ぎたけれど・・・。

白髪が、多分ない。
いつも行く美容院で、美容師さんから「どうします?」と一度も聞かれないので・・・。
恐らく・・・まだないんだ、と思う。

え・・・?
何の苦労もせず、のほほ~んとしてるから、でしょ?って・・・?

それはない。

私の30代は、自分に責任のないことで税務署と延々何年間もバトルを繰り広げていたのだから。
しなくてもいい苦労をし続けていた、30代。
だから・・・何の苦労もしてない、からではない。
他に、原因があるハズ・・・。


白髪がない、ことに思い当たることが実はある。

20代の頃、当時行きつけだった美容院で勧められたこと。

その1、ブラッシングは柄が黒檀で毛が猪毛のブラシを使うこと
その2、サロン用のシャンプー・トリートメントを使うこと

この2点。
それをずっと続けていたから・・・白髪がまだ出てこないんじゃなかろうか。
使っているシャンプーとトリートメントはこちら。

レラ  ヘアソープ105 ポンプ 650MLレラ ヘアソープ105 ポンプ 650ML
(2002/07/19)
飯野商会

商品詳細を見る


レラ  ヘアトリートメント81 300Gレラ ヘアトリートメント81 300G
(2002/07/19)
飯野商会

商品詳細を見る


ブラシはこんな感じのもの。

アートブラシ 猪毛黒檀ヘアブラシ 08-0031アートブラシ 猪毛黒檀ヘアブラシ 08-0031
(2006/11/06)
ビーエムケー

商品詳細を見る

実際に使っているのは資生堂のものだけれど、柄が黒檀で毛が猪毛のもの。

いつも行っている美容院で、美容師さんに「頭皮キレイですね」とも言われる。
髪の毛の健康って、やっぱり頭皮から、だし。

自分にあったシャンプー・トリートメントを使い続けたことと・・・。
ブラシがいい感じに頭皮の健康を保つのに役立っているに違いない。
だから・・・白髪がまだ出てこないんだ、きっと。

開帳足

大学入学後、ヒールのある靴を履くようになってから・・・。

ヒールダコに悩まされるようになった。
縦5センチ・横3センチ近くまで成長したヒールダコ。
その中にはいくつも魚の目ができてしまい・・・。

ヒールのある靴を履くたび、痛みで歩くのもツラい。

今年、意を決してヒールダコにスピール膏を貼り、ふやかして削る。
魚の目の芯を引っこ抜く。

その作業を何度も何度も繰り返し・・・。
3ヶ月以上かけて、やっと深く食い込んだ魚の目の芯を引っこ抜くことに成功。

あとは、これを再発させないよう、気を付けないと・・・。
と、あちこちのブログで調べる。

すると・・・。

足の横のアーチが弱くなった状態を開帳足といい・・・。
その状態だと、ちょうど足の中指下の辺りが扁平になる。
そして、常に地面からの刺激をまともに受けるようになり・・・。
魚の目が出来ることになる。
その痛みを軽減しようとして皮膚が固く厚くなるのが、ヒールダコ。

だから、その原因をなくしてやらない限り、再発する、ということだ。

開帳足は足裏の筋肉が弱っている段階と、靭帯が緩んでしまった段階ある。
靭帯が緩んでしまった場合は、開帳足用のサポーターを使うしかない。

幸い、行儀悪くあぐらをかいている時に足裏を触ると、横のアーチがあるのを感じられるから・・・。
まだ、筋肉が弱っている状態にとどまっている、と信じることにした。

と言う訳で、最近はテレビなどを見るときに、足の指を曲げたり伸ばしたりして・・・。
足裏の筋肉を鍛えよう、としている。

その他に・・・足裏のヒールダコのあったあたりに、保護材貼っているけれど。

根気よく治療したおかげか・・・。
ヒールのある靴を履いても、足が痛くて歩けない、ということはなくなったし。
何事も、諦めないことって大切なんだなぁ、と思う。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 


まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。